ごあいさつ

 

 平成10年、わずか8坪の店舗でスタートした「たるっぺ」ですが、おかげさまで、今では地元の方々のみならず、多くの県外からのお客様にご来店いただけるようになりました。

 

「たるっぺ」にはふたつのこだわりがあります。ひとつは「食材」に対するこだわりです。「たるっぺ」の一番の「売り」である魚介類のほとんどは、佐渡の網元「かすけ商店」さんから、その日一番いいものを直送してもらっています。そのほかの食材も、できるだけ「地元のもの」「旬のもの」にこだわり、最良の調理方法でお召し上がりいただけるよう心がけております。

 

もうひとつのこだわりは、店の「空間」に対するこだわりです。現在の店舗は平成16年に、左官職人だった父が中心となって建てたものです。日本建築の「土」と「木」のぬくもりを感じていただければ幸いです。

 

 湯沢町の中でも温泉街などと違い、決して良い立地とは言えないのですが、わざわざご来店いただいたお客様に、最良の料理と居心地の良さを提供できるよう努めてまいります。

 

 ご来店を心よりお待ちしております。

                                           店主敬白

 

 

 

 

「土」と「木」のぬくもりの感じられる店内